2021年3月7日日曜日

風の大地

『風の大地』 歌 関島秀樹
 作詞 星野亮子 関島秀樹  
 作曲 関島秀樹  編曲 近藤芳弘
KBS京都ラジオ放送で1991年から2005年に毎週放送された競馬情報番組『JRAターフジョッキー』の3作目挿入歌。
作詞は当時競馬界の女性リポーターとしては草分け的存在の星野亮子さんです。

【 春は優しく寄り添う心で 】〜攻撃よりも力を合わせて前に進もう❗️〜

【 春は優しく寄り添う心で 】〜攻撃よりも力を合わせて前に進もう❗️〜 緊急事態宣言も延長され、飲食店の営業、人々の行動自粛要請は続く。コロナ騒動から1年が過ぎ、人々の日常の感染予防意識は99.9%の方は身についているはずなのに…。卒業式に家族は1人しか出席できない。卒業証書は1人ずつ受け取らない。校歌は歌わない。ここまで感染対策をやってきたのに、同じ目的を持つ人が静かに子供の卒業式を見守ることができないのだろうか?距離をとって最後の校歌を一緒に歌えないのだろうか?クラブ活動の発表や試合、修学旅行、工夫をしてできないのだろうか?教室では授業を続け、通勤電車や繁華街、ショッピングモールなどには不特定多数の人が大勢集まっているのに…

森大会会長の一言でオリンピックへの気持ちが一変してしまった。日本人と日本社会全体が反省し考えを改めなければいけないのに、本人や属している組織を攻撃する。会社でも学校でもスポーツの世界でも同じなのに。田舎に行くと多くの人が似たような考えを未だに持っている。察する、忖度をする、手心を加える、和を乱さない、周りに合わせる、年寄りを敬い年配を立てる… 日本人の国民性、美徳でもある。善悪は紙一重だ。若い人でも先輩に逆らえない体育会系が好きな人も多い。犯罪や倫理に反すればもちろん許されないが、そういう社会の中で育ってきて、多くの人が甘んじて受け入れ、そういうもんだと目をつぶってきたその結果が世界のジェンダーギャップ124位と言う結果なんだと思う。もちろん公の立場の人の差別発言や、公務員の接待などは許されないが、どうしてそれが有名人の聖火リレー辞退につながるのがわからない。ボランティアに対する失礼な言い方やコロナ対策の対応に対する不満と、選手の応援やオリンピックを成功させるためへの応援は別物のものだと思う。スポーツに対する愛情はどこへ行ってしまったんだろう。人間だから感情的になるのはわからないでもないが、今は可能性が残されている限り、攻撃や対立ではなく心を1つにどうすれば開催できるかを模索しワールドラグビーで感動した“ワンフォーオール、オールフォーワン“【ワンチーム】になって協力する時ではないかと思う。僕らはどれだけスポーツに生きる力をもらっただろう!助けられただろう!人生をかけて日々努力を続けているアスリートに『頑張れ!ありがとう!』と声をかけずにいられない❗️春は心が優しくなる… 心のマスクを外して寄り添い、みんなで力を合わせて前に進もう❗️コロナの感染縮小に向けて… あらゆる人権差別やハラスメントの撲滅に向けて… 3月11日で10年目を迎える東日本大震災の復興と昨年の熊本の水害と様々な自然災害からの復興に、そして東京オリンピック・パラリンピックのかすかな可能性の実現に向けて… ‼️

⭕️ 3月10日のお試し初配信ライブのURLが決まりました。YouTubeを観ることのできるスマホやパソコンでここから入れます… 申し込み等の必要はありません。20時15分スタートです!
☆ はじめてのライブ配信でどうなるのか興味津々、とても楽しみです。日本の“【DOKONI ITEMO】みんなで一緒に時間を共有することができます。好評でしたらまた次の機会も考えてみようと思っています。どうぞご家庭でゆっくりとライブをお楽しみ下さい。興味がおありの方は、どうぞ事前にお友達にもお知らせ下さい。そしてどうか皆さんの率直な意見もお聞かせ下さい!もうすぐあたたかい希望の春です。みんなで明るく前を向いて歩き始めましょう❗️






2021年3月3日水曜日

【3/31 まる川"さくらコンサート"中止のお知らせ】

草木が芽吹き鳥が鳴き温かい希望の3月を迎えましたが、新型コロナウィルスの感染が思ったほど収まりそうもありません。毎年桜の頃に行ってまいりました静岡県浜松市の和菓子屋さん“菓商まる川”さんの[さくらコンサート]は今年も中止とすることになりました。秋に延期してこれで3度目の中止です。希望と願いを込めて開催を決めていましたが、あまりスペースも取れない店内では難しいと店主の川井さんと相談し、また落ち着いてからやりましょうと言うことになりました。桜は毎年咲いてくれます。楽しみにされていた皆さんには申し訳なく残念な思いですが、どうぞ次の開催がめぐりくるまで楽しみに元気で待っててください。そして希望の春ですから、どこかでそれぞれの春を味わって明るく前向きにお過ごし下さい。岐阜の荘川桜も温かく見守ってくれるでしょう。またお会いできる日を心よりお待ちしています。              

 3月3日 ひな祭りの日に     関島秀樹



2021年3月1日月曜日

【 なんと痛快!心が沸き立つ 】〜いよいよ希望の桜3月だ❗️〜

【 なんと痛快!心が沸き立つ 】〜いよいよ希望の桜3月だ❗️

NHK大河ドラマ[青天を衝け]が気持ちが良い!時代劇ではないとか、一般的に知名度が低いとか、視聴率がどうとか、表面的な、目先の、数字に囚われることの多いことか!政治もマスコミもSNSも… 揚げ足を取る、欠点や失敗を突く、批判ばかりする。もちろん腹の立つことや、不誠実な政治家や官僚などへの批判や追及は必要なのですが、一般の社会やそれを見てる子供たちの世界でもそういう傾向が広がると目線が内向きになる心がすさんでくる。昔は悪を懲らしたり正しい行いをしたものが報われる“スカッとする痛快”なものや“よ〜しオレもやってやるぞ!”という気にさせるドラマが多かった。真面目に努力する!国や社会のために身を投じる!立派な先人を尊敬する!才能のある若者を引き上げる!年寄りを敬う、親を大切にする!子供を信じる!地域で力を合わせる!“強きをくじき弱きを助ける” そんな当たり前だったことがだんだん薄れてゆく。強いものが、勝ち残ったものが勝ち組。弱いものはますます取り残される。視聴率が取れればいい!目立ったが、うけたが勝ち!うまく立ち回り、口の上手い奴が生き残る!格差は広がるばかりだ。まっさらな明治維新はそれだけ希望があったのだろう。今の若者たちにも、目を輝かせて生きるエネルギーがふつふつと湧き出てくるような希望を持てる未来を見つけて欲しいものだ
❗️


【 琵琶湖マンスリーライブVOL6】 今回も素晴らしい晴天に恵まれ、夜は満月、次の日は76年に及ぶ歴史を閉じた[びわ湖毎日マラソン]の最後のレースで日本新記録が生まれました。日本の真ん中に位置する滋賀県は、豊かな自然に恵まれ、歴史、芸術、スポーツ、文化的にも、常に注目される何かを秘めた土地だと改めて感じています。日に日に草木が芽吹き、鳥の鳴き声が増え、春を感じる今日このごろです。



2021年2月28日日曜日

【 東日本大震災から10年 】 〜 【 初のお試し配信ライブ 】

 【 東日本大震災から10年 】 〜 【 初のお試し配信ライブ 】

次は3月10日の2つの生配信ライブが待っています。関西と岐阜も緊急事態宣言が解除されました。一年間の経験を生かして、これ以上感染を広げないように気遣いながら、少しずつ生きてることを、巡り来る春を楽しみましょう!卒業式、入学式、お別れの会… 大切な人生の区切り、人間関係、思い出作りが、どんな形かでも実現でき、次のステップに向けて気持ちよくスタートできますように… ①2021.3.10 水曜日 18:00-19:00 「一希一灯会」オンライン(Zoom)無料イベント
観覧には前日までに申し込みが必要です↓ https://www.kokuchpro.com/event/f7511b569c7d66eb1da49f780165dccb/
<こくちーずプロ>サイト (締切日: 2021-3-9 17:00)
②2021.3.10 水曜日 20:15-21:30 
滋賀・浜大津「関島秀樹リモートライブ」
(投げ銭ライブ)
●ぼちぼちYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCkvl_M25aZa6GdQNJbkUVYA

●当日、投げ銭(おひねり)サイトからご入金手続きができます。
決済方法はクレジットカード(JCB/アメックス/ダイナース)・コンビニ決済・楽天ペイ等





2021年2月23日火曜日

【 命が芽吹くコンサート 】 〜もうすぐ春❗️を信じて ‼️ 〜

【 命が芽吹くコンサート 】 〜もうすぐ春❗️を信じて ‼️ 〜 たった一言で、がらりと風景が変わることがある。ポロリと本音が出る。何事にも陰と陽がある。完全な人間などいない。影響力のある人の言葉や行動は注目されている… 全豪オープンテニスで優勝した[大坂なおみ]さんの言動で力をもらう。少し未来が明るくなった気がする。彼女も東京オリンピック・パラリンピックの実現を願っているのだ❗️ 『人はパンのみにて生くるにあらず!』不要不急を閉ざしていつまでも生きられるわけがない。文化、芸術、スポーツなどに生きる目的や力をもらうことが多い❗️そして自然の営みや恋愛にも❗️地球は人類に傷つけられながらも、人間に生きる糧を与え続けてくれている。長く厳しい冬もきっと開ける。生きる力と希望を信じて、もう少しがんばりましょう‼️

2021.2.27 土曜日
滋賀・浜大津「関島秀樹 こころ語り うた語り」
       〜命が芽吹くコンサート〜
開場14時 開演14時30分 
前売・予約 大人3000円⇒2000円 当日3500円⇒2500円
※自粛感謝割引
会場:旧大津公会堂3Fホール
ご予約:http://sekijima.info/contact
※当日はマスクを付けてご入場ください。

2021年2月14日日曜日

【 地震は突然来ます❗️】 〜 被害が少ないことを祈ります 〜

 【 地震は突然来ます❗️】 〜 被害が少ないことを祈ります 〜
『災害は忘れた頃にやってくる』いつあってもおかしくないのですが、今あるなんて考えないのですよ。10年前がよみがえってきます。津波がなかったことが幸いです。よく訪れた街の名前がニュースで出ています。停電や断水もあり、被害を受けられた方へ心よりお見舞い申し上げます。熊本でも今一度気を引き締めておかなければいけません。
新型コロナウィルスの感染が収まらず、東京オリンピック・パラリンピックの開催が揺らいでる中、ワクチンの事でもはじめてのことでさまざまな情報が飛び交い、不安や苛立ちが広がっています。こういう時は人間や社会の弱い部分や醜いところ、本音があぶり出されてきますが、こういう時こそ冷静に自分や社会を見つめ、飛び交う情報に振り回されず、どうするべきか判断したいと思います。対立や批判ばかりではなく、いろんな立場にいる人たちの心情を想像し、思いやる心を忘れないでおきたいものです。

【 いよいよ初ライブ配信を体験します❗️】〜興味のある方はどうぞ
昨日は昨年完成したばかりの[玉名市民会館]でのリハーサルでした。[島津亜矢]さんのこけら落としコンサートも今年の6月3日に2度目の延期とされています。皆さんが試行錯誤をしながら、一生懸命準備をされていました。アマチュアの方のコンクールですが、うまくいくことを祈っています。スケジュールが出ましたので、見られる環境にある方、興味のある方はどうぞ覗いてみてください。僕も初体験でワクワクドキドキしています。曲は3曲ですが、サポートに福岡からギターの西村さん、キーボードに錦戸さんの二人が参加され、初対面で、資料を渡し1回合わせただけのぶっつけ本番でどうなりますか?とても楽しみです。

※配信はYouTubeでご覧いただけます。次のURLをクリックしてみてください。https://youtu.be/jOx7FhJAew0





2021年2月6日土曜日

【 ラムサールの荒尾の干潟 】〜 美しきふるさと 〜

 【 ラムサールの荒尾の干潟 】〜 美しきふるさと 〜 僕の故郷、熊本県荒尾市の美しい有明海の干潟の風景がテレビで紹介されます。小さい頃は歩いて5分の海まで海水パンツいっちょで泳ぎに行ってました。[荒尾海水浴場]もとても賑わって、お盆には花火も上がっていました。5〜6km沖まで潮が引くと潮干狩り。あさり貝は食べ切れないほどどっさり取れました。1学期の終業式には、干満の時間が一目でわかる[潮見表]がみんなに配られて、『朝早い大潮が海がきれいでいいぞ!』とか『今度の日曜はみんなで貝掘りに行くぞ!』なんて、海での思い出はいっぱいです。雲仙、諫早に沈む夕日は百選ものです。そんな荒尾の干潟がテレビで紹介されます。よかったらどうぞご覧ください。             荒尾観光大使12年目の関島秀樹

NHK「さわやか自然百景」
●放送日<予定・全国放送>
2月7日(日)午前 7:45-7:59 総合・BS4Kと同時放送
2月8日(月)午後 5:30-5:44 BS4K2月12日(金)午後 8:45-8:59 BS4K
2月13日(土)午前 6:30-6:44 BSプレミアム
2月15日(月)午後 4:05-4:19 総合(再放送)

2021年2月5日金曜日

【 2021 初ライブ 無事にスタート 】〜 できることを刻んでゆく〜

【 2021 初ライブ 無事にスタート 】〜 できることを刻んでゆく〜 昨年から続けてきた大津のマンスリーライブ。すべて昼間の14時30分〜16時30分、定員の4分の1以下、約30分ごとの換気、お客様は手指消毒、席の間を広くとりマスクを着用して声を出さない、終演後すぐ解散。感染予防に最大限気をつけながらの今年の初ライブも何事もなく無事終了しました。滋賀県の周りは緊急事態宣言中の府県が多く、この寒さの中、ひょっとしたら1人もいらっしゃらないのでは?それも致し方無いかと思ってましたら、ホントにほど良い人数の方々がわざわざおいで下さいました。新年の挨拶も出来、無事を確かめ合い、久しぶりのライブ、真っ青な空に白い雲、琵琶湖の水の深い藍色! 穏やかな天気に恵まれ、皆さんの心温まるお気遣いに、僕自身も熱く気持ちの良い歌を届けることができました。本当にありがとうございました。

皆さん引き続きコロナ感染に気をつけられ、我慢の生活の中どうぞお元気でお過ごしください。また次にお会いできる日を楽しみにしています。僕は今できることを、できる限り、前を向いて1つずつ積み重ねていきます。希望の春を信じて……











2021年1月28日木曜日

『がんばる君のために』 

自粛、巣ごもり、リモート、やりたいことができない、会いたい人に会えない、お祝いができない… お別れができない…そんな我慢と不安の日々が長く続いていますが、必ず収束は来ます❗️  みんなその日が1日も早く来ることを願って頑張っています。大切な人を守るため… 自分自身を守るため… あなただけではありません。決して1人ではありません。離れていても心はつながっています❗️  誰かがあなたのことを思っています…
『がんばる君のために』   作詞 作曲 関島秀樹


【 いずれにしても…内閣 】〜 今は1つになって乗り切る時なのに 〜

 【 いずれにしても…内閣 】〜 今は1つになって乗り切る時なのに 〜 いずれにしても… いい言葉です。はっきりした結論を出さず、答えを曖昧にして終わらせる時に便利な言葉です。もう国会中継を見ても答弁はしどろもどろです。高齢者の方がお気の毒にも見えます。こんなにも日本の政治家は頼りなかったのかと情けなくもなります。全世界を巻き込んだはじめての体験だとは言え、もう一年にもなります。国民には自粛をお願いし、仕事もなくし生活困窮者がずいぶん生まれてると言うのに、ご自分たちは冬休みもゆっくり取られ、会食も普通にされ、やっぱりちょっと危機感が薄く、見通しが楽観的で甘かったんでしょうね。上の方から世間を見てると、子供たちの学校の事、お店が閉まるとどれだけ影響があるか、非正規雇用や1人親世帯など庶民の生活は本当のところ見えてないんでしょうね。突っ込みどころが多いのでマスコミもワイドショーも言いたいことを言うし、野党もここぞとばかり失政を追求していきます。国民は、都合のいい解釈や言い訳で自分の行動を正当化します。疑心暗鬼で不安ばかりが膨らみ、人々の心がギスギスして離れていきそうです。ここはひとつ国家の一大事!足の引っ張り合いやミスを追求するのではなく、心を1つにして、早くこのコロナ禍を乗り越えられるように、みんなが知恵を出し合い、協力していけないものでしょうか? 日本人の力の見せ所です❗️(もちろん日本に住む外国の人も含めてですが)見えないところで大変な暮らし、思いを続けている人、ギリギリのところで折れそうに頑張っている人たちがたくさんいらっしゃいます。そういう方たちの大変さを軽減させるためにも、それぞれが助け合ってできることを出来る限りがんばりましょう❗️すこ〜し、ほんのすこ〜し明るい兆しが見えてきた気がします。いずれにせよ❗️コロナ禍は必ず終わるんですから❗️希望と期待を持ってもう少しがんばりましょう‼️ それが回り回って大切な人を守ります。めぐりめぐって自分を助けてくれます。日本人はすばらしいと思います。そう信じています❗️

⭕️ 1月30日(土)旧大津公会堂“歌の会始め”は、今まで通り感染予防を十分に努め、14時30分から予定通りおこないます。寒くなりそうです。くれぐれも無理はなさらないでください。お客様がお一人でもいらっしゃれば精一杯の歌をお届けします。“九州じゃんがらラーメン』も販売します。

2021年1月16日土曜日

【 鎮魂 】〜 あの日から26年 〜

【 鎮魂と希望と人のちから… 】 〜あの日から26年 〜 2004年、阪神淡路大震災から10年目を迎えるに当たって、当時、少しずつ人々の記憶から忘れさられてゆく震災を、少しでも伝えていければという思いで作った曲です。 1995年(平成7年)1月17日 5時46分…

『あの日を忘れない』〜阪神淡路大震災10年目に寄せて〜
  作詞 作曲 関島秀樹

2021年1月12日火曜日

【 歌い始め 】〜 自分を信じて生きる 〜

【 歌い始め 】〜 自分を信じて生きる 〜 今年の歌い初めは… 「今 はじめよう」  
  作詞 作曲 関島秀樹  編曲 鈴木 賢

【 新しい年を新しい気持ちで歩いて行こう!】〜 雪の中から始まりました 〜

 【 新しい年を新しい気持ちで歩いて行こう!】〜 雪の中から始まりました 〜

今年も自分の歩幅、速さで歩いて行きます。大自然への畏敬、感動、美しさに思いを馳せながら… 人間への温かさ、可能性、愚かさも感じながら… そんな中今日もたくさんの人に助けられて生きてゆけることに感謝をしながら…
昨日よりも少しでもマシな成長した自分でありたい。今自分ができること、しなければいけないこと。いつか雪も溶けて暖かい春がきっと巡ってくることを信じて…








2021年1月1日金曜日

〜 今年も明るく元気でがんばっていこう❗️〜

 【 新年あけましておめでとうございます 】 〜 大空を見上げて歩いて行こう!〜

新しい年が始まりました。今年は少し違う張り詰めた静かな年明けです。日本で新型コロナウィルスの感染と自粛を始めてまもなく1年を迎えます。この間、様々な研究や対策をとりながらも感染は収まる気配がありません。そして何度もありましたが、今が本当に大事な瀬戸際のようです。なのに休むべきじゃない政府、国会議員や公務員、伝えるべきマスコミ、コメンテーターの多くはきっちりお休みをとって、多分お酒なんかも飲んでるんだろうな〜。一方、感染対策や命を守る医療関係の人、介護のお世話や弱者を支えている人たちはず〜っと休みもなく、家族との時間も取れずgo toや里帰りなんてどこの世界かと、ギリギリのところで踏ん張ってらっしゃると思います。また収入が途絶えたり激減したりしてる方やお店、経営者の方はこの先どうするかお正月どころではないでしょう。この現実が政府にどれだけ届いているでしょうか…
年末年始のテレビは収録したお笑いやバラエティばかり。紅白でさえ演出過多のバラエティショーです。若い頃の歌を歌ったり、2020版やメドレーも多く、きっちり今の一曲の歌を伝えられない!似たような団体さんも多すぎるなあ〜。北島さんは年配を引き寄せるだけでしたね。司会は進行に徹して、感想や感情を出しすぎない!余韻が台無しです。そして当たり前の事ですが、やっぱり音楽にはその場で聴いてくれる人が絶対必要、伝える側と観客とで作り上げるものだということが今日の皆さんの歌唱を聞いてて痛いほど伝わってきました。これが世界中に配信されて、今の日本のミュージックシーンだと思われるのはちょっと寂しい…。
コロナ禍で活動できず大変な思いをしてる素晴らしいアーティストはまだまだたくさん埋もれている。紅白がいつ変わるかなあと思いながら、今年も見てしまう。音楽を生業にしてる端くれとして、何か言いたいことも言うためにも… 。まあ他にないからというのは、政治の選択にも似てるかもしれない。まだしばらくは不安なモヤモヤした日々は続きそうです。自然災害も気になります。阪神淡路大震災から26年。東日本大震災から10年。熊本地震から5年です。どうぞ皆さんもお体を大切にされて、心穏やかに清らかにお過ごし下さい。つらく悲しい時、イライラして腹が立ったとき、空を見上げて大きく息を吸って、自分を信じ、希望を失わず歩いていきましょう。1つでも2つでも素敵なことが積み重ねられる一年でありますように… いつかマスクをはずして、握手やハグができる日を、飲み交わす日を、心から歌える日を夢見てがんはって乗り越えましょう❗️新しい出会いも待ちながら… どこかでお会いできる日を楽しみに…
   2021(令和3)年 希望の春を待つ元旦に… 関島秀樹