2018年9月21日金曜日

【 熊本〜玉名〜荒尾〜そして“博多”たい!】〜 博多は那珂川 思い出の“中洲”たい!〜

【 熊本〜玉名〜荒尾〜そして“博多”たい!】〜 博多は那珂川 思い出の“中洲”たい!〜
昨日は、久しぶりの博多[SoRa]ライブでした。あいにくのSORA模様にもかかわらず、ひとり…ふたり…と、いつのまにか満員の盛況。両親の古い友。デビューからのファン。荒尾一中、玉高同窓… 暑い、熱い、感動の中洲の夜でした。「いまでで、今日が1番よかったあ〜!」と複数の常連の友が言ってくれました。『たぶん、何かが違ってるんだろうなあ〜…』 皆さんのおかげです。みんながずっと忘れずに、見捨てずに、律儀に足を運んでくれるから、それが力になっているんです。だから39年、続けて来ることができました。本当に各地のみなさんどうもありがとうございます❗️[ドリームボート]のジュンペイちゃんも頑張っていましたよ!









◎熊本では、スリランカから来たアーティスト(画家でタブラ奏者)の[ランジ]さんがいつもカレーの店を紹介してくれます。異国で頑張ってるスリランカの若い人たちです。今度久留米でジャズライブをされます。もう一人は〈歌謡王〉チャンピオンのローラさん。被災地や老人ホームなどで精力的に歌って、上通りでお店もやってらっしゃるたくましいステキな女性です。近々、初のオリジナルCDを発売されるそうでとても張り切ってらっしゃいました。



◎よく立ち寄る大好きな温泉、〈草枕温泉“てんすい”〉です。露天風呂から有明海、雲仙に沈む夕陽が手に取るように見えるとです。久しぶりに昔の友と酒を酌み交わしました。館内にある[観海亭“翠薇”]。手軽な値段でメニューも豊富、とてもいい味です。夜は早く、9時に閉まるので、5時半から飲み始めました。話題の[金栗四三さん]のメニューが出来てました。。同じく玉名高校の大先輩の名優[笠智衆]さんの貴重な資料も常時展示されていますよ!



◎久しぶりに小さい頃遊んだ〈市屋の宮〉の神社を訪ねました。簡易裁判所の裏にあり、松永先生に剣道を習った場所で、“榎実でっぽう”や“缶蹴り”をして遊びました。あの頃は近所に子供がうじゃうじゃいましたっけ…


◎荒尾の夕焼けです。帰る度に違う姿を見せてくれます。あいにく雲がかかっていましたが、おじいちゃんと孫が浜で遊び、遠く〈四ツ山〉が見えます。ずっと変わらない風景、潮の香り、潮騒の音、海鳥の鳴き声… ホッとするひとときなのです。




2018年9月17日月曜日

【 秋空の敬老の日 】〜 いい時代を生きられたと思います 〜

【 秋空の敬老の日 】〜 いい時代を生きられたと思います 〜
こんなことを言うと、お年寄りに怒られるかもしれませんが… 。そういう僕も、もうお年寄りの仲間入りも近いのですが… 。
大体の敬老会の参加者は75歳以上になっているようです。僕らの若い頃は、60歳を超えると“お年寄り”と言うイメージでした。多分、かつての老人会も65歳ぐらいからじゃなかったでしょうか? 今年市政60周年の宇土市の緑川地区にざっと800世帯がありますが、75歳以上のお年寄りが500人弱。今日の敬老会にいらっしゃったお年寄りが180名ほど。宇土市に100歳以上が46名。最高齢は108歳だそうです。突然の暑さがぶり返し、汗ばむ陽気のに、冷房のない体育館に皆さん行儀よく椅子に座られて、ちょっと心配でしたが、ここでもお元気なお年寄りの姿が見られました。
75歳以上の方ですから、太平洋戦争の終戦以前に生まれた方ばかりです。戦争に行かれたり、身内をなくされたり、勤労奉仕や不自由な中で食べ物もなく、贅沢をせず、勉強も充分できなかった人たちです。戦後は打ちひしがれた中、日本の復興のために一生懸命働いて子供を育ててきた人たちです。しかしその分、心も体も強靭な方が多いです。今に比べるといろいろ不便でしたが、日本人の生まじめさ、勤労勤勉さ、信義礼節、孝行や人情はありました。これからの時代はついていくのが大変です。情報過多、AI、監視、告発、個人主義の窮屈な時代です。環境破壊、自然災害も増え、大きくなる予測です。資源、核の問題も抱えています。“となりにお風呂や電話や醤油を借りに行った““近所のお店で立ち話をしたり、待ちぼうけや手紙で相手の気持ちを何日も待ち続ける”なんてことも今は昔です。
《 おじいちゃん、おばあちゃん❗️大変な時代を、本当に苦労して頑張って生きてきたと思うけど、ひょとしたら 1番いい時代を生きてきたのかもしれないね‼️》『これからは、“子供に迷惑かけんように…” なんて気にせずに、精一杯人生楽しんで、自由に生きて、元気で長生きして下さい‼️』 僕は、その中の戦後のいい時代だけを過ごしてきたけど、これからの世の中を考えると、ふと、そう思ってしまいます………
熊本地震で崩れた[宇土市役所]跡はまだ更地のままです。新庁舎ができるまであと3~4年はかかるそうです。仮庁舎で[元松茂樹市長]も皆さんも頑張っています。















【 ふるさとは心の中に 】〜 提供曲がこの世に生まれます 〜

【 ふるさとは心の中に 】〜 提供曲がこの世に生まれます 〜
同じ熊本、人吉の出身(人吉高校)の[塚原哲平](ホリデージャパン)君の新曲が9月26日に発売になります。
6月9日、アメリカ ロサンゼルスにいる時に彼から突然メールが届きました。「僕の今度の新曲を書いてください!発売は9月の予定です。」『ちょ ちょっと待ってよ。僕は器用な作曲家じゃないし、人のために作詞、作曲するなんてほとんどしたことないのに、そんな大切な新曲を俺なんかに頼んでいいの? 時間も迫ってるし、どんなのができるか責任持てないよ! 素晴らしい作曲家の先生がたくさんいらっしゃるのに… もう一度冷静に考え直したら?」そう言って、一度は丁寧にお断りしたんです。そうすると、今度はレコード会社のディレクターから電話があり、ぜひとも僕に書いて欲しいとのお願いでした。
哲平君は、県人会で何度かお会いして、明るくてとても気持ちのいい好青年です。[宮地オサム]さんの一番弟子で、僕よりも22才も若く、2008年に「金字塔」でデビューして、今年10年目を迎えます。今年2月に発売されたアルバム[塚原哲平 俺歌]の中に「帰らんちゃよか」を入れてくれました。そんなこともあり、「今まで北の歌が多かったけど、故郷の九州の歌が歌いたいんです!」という強い気持ちに押されて、母のこともあり、バタバタして、気持ちも落ち着きつかない時でしたが、なんとか2週間で書き上げました。僕の今の心境とも重なり合ったしっとりとしたフォーク調の歌です。哲平君の新しい一面が感じられるいい歌になっています。どうぞ、ぜひ聞いて、応援してあげて下さい。よろしくお願いします。
人吉には、10月14日にまたライブで伺います。もう一つ人吉とのご縁が増えました。
********
塚原哲平君の新曲『ふるさとは心の中に』(作詞・作曲:関島秀樹)が流れるそうです。 ▼ラジオ『駒田徳広のミュージックブルペン』ゲスト出演
9/19,20,21 21時~21時45分 の番組の中で
熊本放送、山口放送、山陰放送、山陽放送、静岡放送、福井放送、秋田放送、東北放送、IBC岩手、ラジオ福島、信越放送、新潟放送、山梨放送、山形放送
▼テレビ『歌うセールスマン』ゲスト出演
チバテレビ 10/1(月) 8時〜、KBS京都 10/1(月) 8時〜、とちぎテレビ 10/4(木) 7時30分〜、あいテレビ 10/7(日) 25時25分〜、ぎふチャン 10/10(水) 8時30分〜、歌謡ポップスチャンネル 10/12(金) 6時〜
********




2018年9月15日土曜日

【 琵琶湖からのメッセージ 】 〜 琵琶湖だけの番組 〜

【 琵琶湖からのメッセージ 】 〜 琵琶湖だけの番組 〜
今年の4月から放送を開始した、滋賀県大津市にある《FMおおつ》。滋賀の甲子園〈皇子山球場〉と〈大津市役所〉のすぐ近くです。とは言えほんの小さなコミュニティーFMなので、聞こえるエリアは、ほぼ大津市内のみです。まだできたばかりでネットで聞くこともできません。でも大きな災害が起き、停電になると頼りになるのはラジオです。そんな時が来ないことが1番ですが、何もない普通の時も、親しみやすく新鮮な身近な情報が届けられます。僕の担当は月に1回、【音楽の館】の第3週目の土曜日午後3時半から6時までの2時間半です。ちょうどコンサートを一回やるようなもんです。次の日曜日の朝10時半から12時まで再放送があります。今月9月16日と17日で6回目となります。地元の人の力を合わせて出来上がった、手作りの放送局ですのでちゃんとしたスタジオがまだありません。こんな事務所の一角で喋っています。僕の思いつきの1人しゃべりで、僕の好きな音楽を流すだけのかなり個人的な番組です。僕も放送局もまだ試行錯誤しながらやっています。番組がいつまで続くかわかりませんが、大津市にこられたら周波数【79.1キロヘルツ】に合わせて聴いてみてください。きっと感動されると思います??? ハハハハ… いろんな意味で… 。これに合わせて9月から〈旧大津公会堂〉でマンスリーライブを始めました。番組を聞いて、どれくらい新しいお客様がコンサートに来て下さるか楽しみです。興味がある方、お便りやリクエスト、応援メッセージを下さる方は
〒520-0038 大津市山上町 5-37 FMおおつ「音楽の舘」関島秀樹宛、
メールアドレスは sekijima@fmotsu.comです。


住みやすい県、長寿県と言われる滋賀県。9月17日は敬老の日です。この日、熊本県宇土市緑川地区の老人会に読んでいただいて、[緑川小学校の体育館]で10時15分から1時間ほど歌います。僕もそろそろ老人の力に近づいて最近はお年寄りの皆さんから声がかかるようになりました。ありがたいことです。両親と同じような世代の人に喜んでいただけたら嬉しいです。恩返しのつもりで歌います。


10月13日は益城町のテクノ仮設住宅のお祭りで歌います。被災地の皆さんはそれぞれ大変な思いをして不自由な生活続けていらっしゃいます。熊本地震で宇土市役所は崩れ落ちました。北海道の皆さんも大変です。僕の歌が何かの役にたつのでしたらまた喜んで伺います。くじけずにしっかり頑張っていきましょう!