2018年11月11日日曜日

【 父は一等賞の人生でした!🏃‍♂️】〜 玉高創立115年 大同窓会 🎊 〜

【 父は一等賞の人生でした!🏃‍♂️】〜 玉高創立115年 大同窓会 🎊 〜
今日も最高の秋晴れでした。”マラソンの父”と呼ばれた【金栗四三(かなくりしそう)】さんの銅像の除幕式が新玉名駅のプロムナードで賑々しく行われました。20歳の頃の四三さんの若々しく精悍なお顔です。初めてお会いする三人の娘さんたち、(三女 蔵土スミ子さん、四女 酒井ヨシ子さん、五女 森元子さん。皆さん高瀬高女〜玉名高校卒業です。)淑やかで品が良く、背が高くスマートです。ご挨拶で『父は五輪ではメダルは叶いませんでしたが、多くの人の応援で一等賞の人生を送らせていただきました!』と晴れやかな顔で喜びを表していらっしゃいました。







その後の行われました大同窓会では、特に誰からも頼まれていませんが、今回のために僕が勝手に金栗さんへの想いを綴った[『黎明の星 〜 いだてん 金栗四三 走り続けて 〜 』を披露させていただき、創立100周年の15年前に作った『玉高を忘れない』と共に歌わせていただきました。「玉高を…」にも金栗さんは〈玉高の七不思議〉として登場するのですが、読み方は[かなぐりさん]です。そして、その高校の前庭にある銅像は昭和44年に金栗さん喜寿のお祝いに建てられたもので、なんと、あの玉高伝説『♪金栗さんが 真夜中に走り出す… ♪』は、僕らが入学する前年に生まれたものだったのだろうか? いや〜待てよ! この少しボケかかった頭の記憶をたぐり寄せると… ひょっとして、その話は、僕らが生徒会をして、新入生にこの話を伝えた昭和46年の春の“オリエンテーリング”で 僕らが初めて作り出した話だったのだろうか? 「だったらすごい!」そういえば生徒会のみんなで、7つの不思議話を考えてた覚えがあるなぁ〜???。いつかその真相を確かめてみたいと思う。それにしても、いくつになっても同窓会はみんな心からその年に戻って、若々しく楽しめるもんだなあ〜 。懐かしい恩師、先輩、後輩に再会できました。

🏃‍♂️明日11月13日は昭和58年(1983年)92歳で亡くなった命日にあたります。奥ゆかしく、派手なことが苦手だった金栗さん。天国で苦笑いされてるでしょうか?
 🏃‍♂️ それにしても、四三さんの名前がお父さん43歳の時の子だからつけられたそうですが、ご自身も40代でお子さんをもうけられたとは… 《生涯25万キロ》を走り続けた金栗さんは、何事にも桁違いの男でした❗️





2018年11月8日木曜日

【 金栗さんが空から降ってきた!】〜 11月11日がお披露目です 〜

【 金栗さんが空から降ってきた!】〜 11月11日がお披露目です 〜
来年のNHK大河ドラマ[いだてん]の主人公の1人、わが母校〈玉名高校〉の前身〈旧制 玉名中学〉出身で、“マラソンの父”と言われた[金栗四三さん]の銅像の建立作業が先日あり、見届けに行ってきました。もう野山も街中の木々も、きれいに紅葉しています。場所は新幹線〈新玉名駅〉の正面入り口左側です。すべて同窓生の寄付によって建てられます。制作者は僕の高校の同級生で、現在熊本大学で教鞭をとっている彫刻家の[緒方信行君]です。熊本市内には彼の制作した“おてもやん像”もあります。この日は真っ青に晴れ渡る秋空の下、白い布に包まれた金栗四三さんの銅像が、まるで天から舞い降りてくる天使のようにな神々しさで地上に降り立ちました。立ち上がった四三さんは、マリア様のようにも、お地蔵さんのようにも見えます。本人が1メートル80センチ、台座が1メートルあり、立派なものです。筋肉隆々とした20代の若々しい、精悍な顔の金栗四三さんです。同窓会の[前田利為会長]も笑顔で見守っていらっしゃいました。来年ドラマが始まると、多くの方がここを訪れることでしょう。ちょっと寂しかった新玉名駅も大変な賑わいになることと期待しています。ぜひ降りられたら〈玉名温泉〉や〈田原坂〉、世界一の大釣鐘のある〈蓮華院誕生寺〉、[笠智衆]さんの生まれた天水のみかん山や〈草枕温泉〉。[夏目漱石]の“草枕”に出てくる〈那古井館〉。“玉名ラーメン”や玉名高校の金栗四三さんの銅像もご覧になってください。そして僕の生まれ育ったお隣の〈荒尾市〉にも足を伸ばしてください。今話題の映画“オズランド”は地元の西日本一の遊園地“グリーンランド”で撮影されました。金魚と造船で有名な〈長洲町〉や、そうめん、揚げで知られている[北原白秋]の母の故郷〈南関町〉。島原へはフェリーで45分。[島津亜矢]さんの生まれ育った〈植木町〉へも20分。山鹿、菊池… 見るもの食べるもの盛りだくさんです。ぜひ一度わが故郷、青春を過ごした町にお出かけください。
🏃‍♂️ なお記念すべき【金栗四三さんの銅像の除幕式】は、“玉名高校大同窓会”のある11月11日(日)の午前9時半から新玉名駅で盛大に行われます。この日も秋晴れの素晴らしい日になりそうです。もちろん私も伺います。
🏃あっそうそう、忘れていました。春富村から三加和町に変わり、現在は〈和水(なごみ)町〉になりましたが、生家に【金栗四三記念館】が来年オープンします













2018年11月4日日曜日

【 今年も“秋に黄色に染まります”】〜 11月5日は世界津波の日なのですが…〜

【 今年も“秋に黄色に染まります”】〜 11月5日は世界津波の日なのですが…〜 
今日11月5日は、164年前に和歌山を襲った〈安政南海大地震〉の津波から村を守った物語『稲むらの火』にちなんで制定されました。世界的なものです。ところがその当事者である日本ではまだあまり認知されていません。僕の誕生日とちょうど100年と2日違いです。もともと日本にあった9月1日の〈関東大震災〉にちなんで制定された“防災の日”の方がが関心が強いようです。
11月4日は阿蘇の小国の〈ちちこぶ祭り〉でした。今年は夏の猛暑が影響したせいか、銀杏の葉っぱ自体がちょっと小ぶりで乾燥しているように見えました。全体の葉の数も少ないようです。大風には耐えたのですが、暑さがこたえたようです。それにしても今日の雲1つない真っ青な空に、やっぱりこの黄色い大銀杏の黄色は映え、キラキラとまぶしく輝いていました。『三日月の恋』を、前奏に続き、まさに最初の言葉を歌おうとしたその瞬間、電源が落ちました。「あっ!これは小松女院か❗️その乳母の霊の仕業か❗️」と電源なしの生ギターと生歌で、静かに神妙に歌いました。「この世の中には、理屈では説明できないものが起こるものですね。やっぱり何かを僕らに訴えているのでしょうか… 」なんて真しやかに話ながらステージを終え、「さっきのは何んだったんでしょうねぇ〜…???」と音響の方に尋ねましたら、「な〜ん、子供ん走り回って、コードばけたくって、差込の抜けたったい!」というなんともほのぼのとした呆気ない原因でした。ハハハハハハ… のどかでいいなぁ〜 。そんなあったかい“小国の下城”のお祭りでした。「三日月の恋」は、京都と小国と玖珠を結びつけています。昨年のバスツアーで“鏡が池”の解説をしてくださった[藤崎清高先生]のご夫妻もお越しになり、ご実家の元旅館〈綿屋〉を案内していただきました。130年ほど前から営まれ、日本細菌学の父と呼ばれる[北里柴三郎]さんや日本画家[坂本善三]さんもここに宿泊され、アトリエがわりに絵を書かれていたそうです。



















2018年11月3日土曜日

【 無事誕生日を迎えました 】 〜 今年も生まれ育った荒尾です 〜

【 無事誕生日を迎えました 】   〜 今年も生まれ育った荒尾です 〜
万田坑フェスティバルで会場の皆さんお祝いしていただきました。それとたくさんのお祝いのメッセージ、お祝いの品々、そして心の中でお祝いをしてくださる方々も、ありがとうございました。すぐにお返事を返せなくて失礼しました。この場を借りてお礼を申し上げます。【関島秀樹】無事64歳を迎えることができました。24歳でデビューしましたので40年を迎えます。おかげさまで体調も良く、気持ちよく歌を歌うことができます。ちょっと忘れっぽくなりましたが…  ハハハ… 。誕生日は故郷のシンボル的存在、〈世界遺産の万田坑〉で暮れゆく立坑けんいんをバックに思いっきり歌を歌いました。日本を牽引してきた明治時代の近代産業遺産です。ここにどれだけの人が集まり、どれだけのエネルギーを輩出してきたでしょう。日本の最大の労働運動がありました。悲惨な事故も度々起こりました。炭住があり、喜びと悲しみがいっぱい詰まっています。日本の近代化と高度成長の歴史の縮図がここに見えます。〈荒尾梨〉を始めた祖父[増男]も、生涯を市の職員として故郷に尽くした父[慶典]も後年は二人とも〈助役〉を務めました。僕はというと、ささやかな〈荒尾観光大使〉として、歌や話で故郷の良さを伝えるぐらいしかできません。そんな僕が、誕生日の日に、この万田坑の下で歌を歌うと言うのは、やはり何かの因縁としか思えません。今年は初めて母に祝ってもらえない誕生日でした。誕生日は【母の出産記念日】なのです。母が一番感動した日だと思います。今日は静かに、母にお祝いと感謝を伝えました。夜には玉名市大浜の[光行寺]の〈一樹会〉の皆さんにもお祝いをしていただきました。多くの皆さん、本当にありがとうございました。まだまだ元気です!