2020年10月19日月曜日

【 正しく感染予防して 前に進む❗️】〜 歌で勇気と力を‼️〜

 【 正しく感染予防して 前に進む❗️】〜 歌で勇気と力を‼️

年に一度お邪魔している愛知県みよし市のLiveカフェ『カーデン』お店の方も感染対策を十分にされ、天井も高く換気もし、人と人との間隔もゆったり取れるので、お客様はマスクをして生の歌を十分に楽しんでいただきました。8ヶ月の自粛生活でゆっくりと時間を過ごせたおかげで、荷物も生活も体もそぎ落とすことができました。山にこもり走ったり、食事の管理などで体重が5キロも減ったので、この年になって痩せると皆さんに「何かあったのか!」と心配されます。ハハハハ… 。毎年の健康診断も何事も問題なく終え、コロナの抗原検査も陰性でした。これほど自分の歌や音楽、人生に真摯に向き合った時間はデビュー41年ではじめての事でした。本当に大切なものが見えてきました。結構そんな人は周りにいらっしゃるようです。あと2週間で66歳。これからの生き方は《新ルート66》です
❗️




11月2日は母校玉名高校で、附属中学創立10周年記念講演でコンサート。11月3日の誕生日は玉名の[高瀬蔵]で14時30分〜からバースデーライブです。相変わらず名声やお金や腕力はありませんが、歌や音楽が積み上げた財産です。歌で勇気や希望や安らぎ、生きる力を伝えられると信じます。コロナと共生する生活もだいぶわかってきました。

人吉、球磨地方の大水害から3ヶ月が過ぎました。コロナの影響で復旧もなかなか進んでいません。そろそろ歌を届けようと思います。まずは、24日(土)13時から〜球磨村こうのせ[多目的集会所前]で、25日(日)10時から人吉[青井阿蘇神社境内]で、15時から〜球磨村渡[運動公園入口広場]それぞれ野外で歌います。復旧の作業にご迷惑にならないように、辛い思いを持ち続けている人に失礼のないように、そして一番は感染予防に充分気を使いながら久しぶりに皆さんと再会し楽しい時間を過ごしたいと思っています。今僕にできる事はこんなことしかありません。どうぞお時間ができて余裕のある方はぶらりとお出かけください。
10月29(金)30(土)31 (日)の三日間は南阿蘇の[瀬の本高原ユースホステル](登山専門店「シェルパ」のオーナー阿南誠志さん夫妻が管理されている)で、自然を愛する会、山の会の皆さんや人吉球磨地方でボランティアを続けてらっしゃる方々に歌を届けたいと思います。さぁもうそろそろ動き出さないとなぁ〜。今年も終わっちまうぜ❗️

2020年10月5日月曜日

「彼岸花」 作詞、作曲 関島秀樹

 もう40年ほど前に作った曲ですが、レコードにもCDにもなっていません。あまりにもあちこちに彼岸花が咲いていたので、久しぶりにLiveで歌ってみました。

「彼岸花」 作詞、作曲 関島秀樹
2020.9.26 滋賀県<旧大津公会堂>
-関島秀樹 こころ語り うた語り-

2020年10月4日日曜日

もっと優しく生きていける

 【 もっと優しく生きていける 】
〜いつもと違う秋がゆく 〜
自然の恵みと収穫に感謝し、健康と幸せを祈り、すばらしい満月を愛でることができました。コロナウィルスの感染、人種差別、自国主義、格差の広がり、様々な対立、奪い合い、騙し合い、自殺… 気が重くなる社会の歪みが目立つようになっていますが、みんなこの地球上で、たった1つの大切な命を授かった、幸せを求めながら一生懸命に生きている人々です。とうかそれぞれの生き方を尊重し、他人のことを思いやりながら、誰もが幸せな人生を送れますようにと願わずにはいられません。少しずつ行動の自由が緩和されていきます。ただ医療、介護関係の皆さんのなどのご苦労は続いています。見えないところで go to ○○ 、○○割引、何がお得!それどころではない方も、災害からの復旧に必死な方もたくさんいらっしゃいます。どうか希望を失わず頑張っていきましょう❗️

必ずいいことがあります
❗️

いい人と出逢います
❗️

誰かが助けてくれます
❗️

毎年巡って来てくれる素晴らしい自然を見ているとそう思わずにはいられません
❗️

子供の頃を思い出します。たくさんの方々に助けていただきました。
いま生きていることに感謝です
‼️






















2020年9月28日月曜日

【 彼岸花と秋の風 】〜 大関正代誕生に奇縁 〜

【 彼岸花と秋の風 】〜 大関正代誕生に奇縁 〜

静かなお彼岸が終わり、滋賀では、刈り取り跡の田んぼのあぜ道や琵琶湖畔に今鮮やかな彼岸花が咲乱れています。ここは高島市新旭にある〈源氏浜〉です。

【go to LIVE 〜コロナに負けるもんか!うた語りコンサート〜】第二弾も無事終了しました。

 

 

秋風に乗って嬉しいニュース❗️熊本出身の【正代関】が優勝を飾り大関に昇進しました。僕が住む滋賀県大津市の(旧志賀町)八屋戸の隣の在所〈木戸〉は相撲の決まり手、作法を作ったとされる四十八手の生みの親、国技相撲行事の始祖【志賀清林】(力士でのちに行司)の出身地であります。それを受け継ぎ、[追風]の号を名乗り、相撲の宗家として天皇家から全権を託されたのが熊本にある【吉田司家】です。なんとその2つのゆかりの地を僕がつないでいるのです。ハハハ… 。熊本出身としては初の優勝力士です。地震、水害と自然災害が続く熊本の皆さんへの大きな力となりました。その正代関は宇土市の出身ですが、正代氏のルーツは埼玉県東松山市です。僕の母の旧姓[小代]と同じです。もう20年ほど前から交流があり、僕も何度も東松山でコンサートを開いてもらいました。ですから今回の優勝も東松山の皆さんも大変喜んでらっしゃいます。今から800年ほど前に蒙古襲来に備えるため、鎌倉幕府から地頭職を任じられ、肥後の国野原荘〈今の荒尾市)に移り住みこの地を治めたものです。小代山(今はなぜか小岱山となる)には筒ケ嶽城もありました。漢字が変わっていますが、7月の水害で被害を受けられた人吉の[小代酒店]もおそらくつながりがあると想像されます。なにはともあれ正代関優勝の嬉しい報告とお礼を早速志賀清林に行ってきました。〈清林パーク〉として整備され、駐車場には横綱、大関などと文字が書かれています。大きなお相撲さんのタイル画もあります。今大人気の〈琵琶湖テラス〉の真下にあります。そこからの琵琶湖の眺めは素晴らしいものです。




2020年9月17日木曜日

【秋風に追い立てられるように…】〜 go to LIVE! 〜

【秋風に追い立てられるように…】〜 go to LIVE! 〜
いつまでも開けない長梅雨に始まり…大雨…水害…酷暑…残暑… コロナは収まらず、会いたい人に会えない、行きたいところに行けない、そんな息苦しい窮屈な退屈な夏も終わろうとしています。アメリカでの黒人差別が特に浮き彫りにされた夏。[大坂なおみ]さんの全米テニス大会での人種差別問題への全世界へのアピールをしながらの優勝は感動的で見事でした。日本では安倍首相が再び職責を全うすることなく微妙なタイミングで戦線離脱し、新しい菅総理大臣が耳障りのいい公約を掲げて誕生しました。いきなり支持率74%とは驚きです。野党も慌てて気合を入れ直しはしましたが… 。お互いに切磋琢磨し力をあわせて、今の難局を切り開き乗り切っていってほしいものです❗️僕もゆったりとした時間をいただき、貴重な夏を過ごすことができました。この先まだコロナの感染状況は予測できません。じわじわと規制が緩和されているようですが、これが吉と出るか凶と出るか…⁉️ でも以前のようなライブはまだできそうもありませんが、感染に十分気をつけながら、月に1回程度のライブは続けていこうと思います。最終的には自分の体は自分で守り、自分の人生は自分で切り開くしかないのです‼️
そこで今生活の中心である【滋賀】でのマンスリーライブ【関島秀樹 こころ語り うた語り】ソロコンサートを来年3月まで予定しました。[旧大津公会堂]は、会場も広く、お客様同士の距離も充分計れます。天井が高く、三階にあり窓も開けることができます。エレベーターもあり階段が苦手な方、車椅子の方もスムーズに入場できます。[京阪びわ湖浜大津駅]から200mほどです。ただ駐車場はありませんので、近くの民間のパーキングを利用していただきます。滋賀は格安です。
〈7月11日〉のライブでは、マスクの着用と手指の消毒をしていただき、人数を制限した上で無事開催することができました。元々僕のライブは、立ち上がったり大声を出す人もなく、歌も静かなので感染のリスクは低いと思いますが、トイレやドア、イスなど、直接手を触れるところにはそれぞれが気をつけていただければ大丈夫かと思います。
計画した当初は入場料を一般3000円としていましたが、お客様も気を使いながら来ていただいて、日々の生活も大変なので、【go to LIVE コロナ割】よろしく、入場料を1000円割り引いて、一般2000円とさせていただきます。大学生以下は500円、小学生以下は無料です。3月まで月に一回、土曜日の午後に続けてみようと思います。
〈11月3日〉の誕生日には、熊本 玉名の[高瀬蔵]で【関島秀樹バースデーライブ 〜ルート66〜】を開催します。この会場も〈7月18日〉にライブをし、感染予防が十分にできると実証済みです。もちろん感染状況が変われば中止せざるを得ない時もあるかもしれません。その時は10日前までにお知らせいたします。僕自身も最大限気を使いながら、約30分毎に空気の入れ替えをして、落ち着いた心穏やかなライブを重ねて行きたいと思っています。これから良い季節を迎えます。滋賀のみならず、関西への旅行を兼ねて、また11月には熊本 九州への旅行も兼ねて、スケジュールがうまく合いましたらどうぞお出かけ下さい。どこかでお会いできるのを楽しみにしています。

 【うつろい】1982年 3rdシングル(トリオレコードより発売) 作詞・作曲:関島秀樹 オリジナル編曲:菊池ひみこ
A.Gt.&Vo.関島秀樹、Pf.宇戸俊秀、E.Gt.梅田光雄、Perc.松藤一英、Vla.鈴木民雄、Hca.あらいなおこ
 (デビュー35周年記念コンサート  2014.10.3 東京・日本橋社会教育会館)

2020年9月5日土曜日

ネット配信【 わんぱく坊主の子守唄 】

 【 わんぱく坊主の子守唄 】

作詞 大野勝彦 補作詞、作曲 関島秀樹 

編曲 宇戸俊秀


《 残暑お見舞い申し上げます 》お久しぶりです。皆さんお元気にお過ごしでしょうか? 大変な夏でしたね!

しばらくぶりでしたが、夏の終わりに歌ってみました。どうぞお体を大切に!またどこかでお会いしましょう。

【 夏がゆく… 】〜 やすらぎの木の下で 〜

【 夏がゆく… 】〜 やすらぎの木の下で 〜

あわただしい夏が過ぎてゆく。コロナでひっかき回され、追い立てられ、当たり前のことがなくなり、ギスギスしているときに水害が来て、信じられないような暑い夏でした。また想像を上回る大きな台風も来ています。これからこんなことが当たり前になっていくのでしょうか? それでも秋の気配が近づいています。数日前から虫の鳴き声が聞こえるようになりました。もうひぐらしやつくつくぼうしも段々鳴く回数が減ってきたようです。稲が実り雲にも秋の表情が出てきました。これほど時間がたっぷりあった夏も初めてでした。第二の故郷滋賀を再認識、新発見することができました。やはり今暮らしている比良山の麓は格別です。山もいい琵琶湖もいい。棚田もあり日本の素晴らしさを凝縮したようなところです。海には行けませんでしたが、琵琶湖のほとりにある小さな公園の形のいい一本の木に、勝手に名前をつけてそこでよく時間を過ごしました。名は《やすら樹》です。ハハ… 暑くなったら琵琶湖に入って体を冷やします。この辺も水はきれいです。木陰は風が通ってクーラーなど入らないほど涼やかです。平日はほとんど人がいなくて、なんとも贅沢な時間を過ごさせてもらいました。2〜3日前の琵琶湖に上るお月さんも、時より雲に顔を隠しながら、湖面に注ぐ明かりはまた、日々の慌ただしさを忘れさせてくれる何とも言えない優しさです。

同じ歳の安倍首相が自ら職を降りました。いろんなことがありすぎて、重責が大変で、持病を悪くしての退任だと、『お疲れ様でした』とつい、労をねぎらってしまいます。でも評価だけではなく、やり残したこと。間違ってたこと。はっきりしなければいけないこと。それはうやむやにしてはいけませんし、次を引き継ぐ方にきちんとやり遂げて、答えを出してもらわなければいけません。それにしても総裁の選び方はあいも変わらずです。日本に本当の民主主義が生まれるのはいつになるでしょうか… でもそれはとても日本らしくて、それも良いのかもしれません…










2020年8月31日月曜日

《いつもと違う夏を越え…》滋賀・浜大津「関島秀樹 こころ語り うた語り」

《いつもと違う夏を越え…》
長い梅雨の後、水害もありました。かつてない酷暑が続き、熱中症を心配しながら、残暑見舞いの時期も見失ってしまいました。里帰り、墓参り、人とのふれあいも少ない夏でした。
でも“ほんとう”が何か、いろいろ見えた夏でもありました。
この時期は少しは涼しくなっているでしょうか?コロナも少しは静まっているでしょうか? 心の余裕が出来ましたらどうぞお出かけ下さい。

2020.9.26 土曜日
滋賀・浜大津「関島秀樹 こころ語り うた語り」
       〜いつもと違う夏を越え…〜
開場14時 開演14時30分 
前売・予約 大人3000円 当日3500円
会場:旧大津公会堂3Fホール

ご予約:http://sekijima.info/contact


2020年8月24日月曜日

滋賀「関島秀樹 こころ語り うた語り」〜こころのマスクはずして〜

今年ほど時間が経つのを早く感じたことはありませんでした。今年ほど先のことを考えず日々を過ごした事はありませんでした。ゆったりとゆっくりとした時間が過ぎて行きましたが、何か心が落ち着く満ち足りた日々ではありませんでした。一方で、自分の人生を振り返り、自分の歌と音楽をじっくりとかみしめる貴重な時間が持てました。歌う機会は減りましたが、大切なものをいただいた気がします。
7月11日に行いました[旧大津公会堂]のコンサートでは、会場の広さ、換気、感染予防の対策などで安全性が確認できましたので、今年はこの会場であと3回のコンサートを予定しました。感染の状況次第ですが、気が向いたら無理をせずにお出かけください。
9/26(土)・11/7(土)・12/5(土) 滋賀・浜大津「関島秀樹 こころ語り うた語り」
       〜こころのマスクはずして〜
開場14時 開演14時30分 
前売・予約 大人3000円 当日3500円
会場:旧大津公会堂3Fホール
   滋賀県大津市浜大津1丁目4-1
  (京阪電鉄「浜大津駅」徒歩2分・JR「大津駅」徒歩約15分)
※お客様の感染リスクを最大限抑える努力(消毒、換気等)を行ない開催させていただきます。
※当日は、必ずマスクをつけてのご入場をお願いいたします。
お問合せ・ご予約:http://sekijima.info/contact



2020年8月21日金曜日

【 いのちの 大きさ 】〜 生きている 生かされている 〜

【 いのちの 大きさ 】〜 生きている 生かされている 〜
2020年(令和2年)の夏は何を残しただろう。突然降って湧いた新型ウィルスで東京オリンピック・パラリンピックも1年延期。甲子園の高校野球も中止。毎年当たり前に行われてきた夏祭りも花火大会もなくなった。高速道路の大渋滞もギュウギュウ詰めの帰省ラッシュもない。(毎年同じニュースで言うこともおんなじだと笑って見ていたが…)けれども75年目の終戦記念日は巡ってくる。そして今になっても初めて知らされる事実がまだある。本当に残酷な事は話せない。自分だけが生き残って申し訳ない、合わせる顔がないと友を弔いながら静かに生きていく。沖縄戦、広島・長崎の原爆、外地での惨劇、抑留、空襲での民間人の犠牲…
そんな悲惨な体験を直接話せる人も少なくなってきた。コロナ禍、水害、酷暑で今年は特にいのちを意識することが多く、戦争の話がこころに浸みた。生存と死は紙一重だ。幸運か不運か。運命と言えば悲し過ぎる。助けられた命もあった筈だ。戦争がなければ… もう少し早く終わっていれば… 。今はどうしようもない。ただこの不幸な体験を繰り返さないために、戦争の非情さ悲惨さ虚しさを伝えていかなければいけない。取り戻すことができない大切な命の為に…
長崎原爆の惨状を伝える少女の写真に写り、ご自分も被爆され、最近までお元気だった[龍智江子さん]が終戦の日の今年8月15日にお亡くなりになったのは何か大きなメッセージを伝えられた気がしてならない。90年の大変な人生をかけて残されたものがあまりにも大きい。龍さんの戦争はこれでやっと終わったのだろうか?… ありがとうございます。お疲れ様でした。ご冥福を心よりお祈りします。
【 遠い故郷に溶け込んでみた 】
今年は特別な夏だ。どこに行っても人が少ない。工夫をすれば、考えを巡らせばこんなに楽しめる夏も二度とない!家の掃除、墓掃除。墓参りもゆっくりできる。40年ぶりに荒尾市民プールに行って泳いだ。210円だ。(僕は大学時代の夏休みここで2年間プール監視員のアルバイトをやった。日給1200円だったのを今でも覚えている)朝早く行くとほとんど人もいない。デビュー当時ここでは〈水上カーニバル〉と言うにぎわったイベントがあった。そこで歌った思い出がある。





30年ぶりに地元の山〈小岱山〉に登ってみた。(本来は小代山のはずであると思うが、いつの頃からか“岱”に変わっている?)ここいらで育った子供たちは必ず1度や2度は登ってるはずだ。頂上からの眺めは絶景だ。酷暑の昼間、僕のような変人2人とすれ違った。不要不急の外出をしてしまった!それでも幼い頃の気持ちに戻り、遠い昔を思い出し、なかなかの貴重で贅沢な時間を過ごすことができた。こんなことが出来るのも元気なうちだ!







母は昭和20年7月26日から27日にかけての荒尾の空襲で、自宅は全焼し、焼夷弾の被弾で生死をさまよった。17歳の時だ。(母の旧姓は小代です)医者は見放したが、元気で長生きし体の中に3つの破片を持ったまま2年前に亡くなった。父はあと3ヶ月で出兵するところだった。同じ17歳だ。玉名中学に通っていた。父の兄は戦争で命を落とした。両親から勤労奉仕の話をよく聞かされた。父は《東京第二陸軍造兵廠荒尾製造所〉、母は《三井化学大牟田工場》染料部に行っていた。空襲警報で防空壕に避難したり、軍事教練の話も聞いた。2人が命をつなぎ、出会ったことで僕は命をいただいた。多くの奇跡が重なって僕は今生かされている。ありがたく自由に生きることが許されている…

2020年8月17日月曜日

【 いつもと違う夏が過ぎていく…】〜大切なものはなんだろう〜

【 いつもと違う夏が過ぎていく…】 〜大切なものはなんだろう〜
節電はしなくていいんだね。冷房はつけたままだね。人がいないとマスクは外してもいいんだね。がんばりすぎないで疲れたら休んでいいんだね。検温は37.5度以上がご遠慮下さいだけど、もう外気は40度だよ❗️無理して帰省しないです。お祭りも花火も同窓会もありません。お祝いも飲み会もなし!おじいちゃんおばあちゃんとも、お墓参りも法事も結婚式もリモートで!水害の被災地の災害ボランティアもなんとかしたいけどいけません。短い夏休みにも遠出はしません!海にもプールにも行きません!親戚とも友とも会いません!じっとして誰とも会いません!どこに行っても人がいません。新幹線も高速道路も、山も海も… Can't go to travel です… ニュースやワイドショーでのコメントに心がざわつきます。政治家も専門家も確信がなく間違いもあります。最終的には最新の情報を厳選し、自分で判断して自分自身が『うつらない、うつさない‼️』の強い気持ちで身を守るしかありません。そして制約された中でこの夏を楽しく過ごしましょう❗️
生まれて経験したことのない夏が過ぎて行きます。楽しくて開放的な、思い出がいっぱい生まれる夏が今年はありません。特に子供たちはかわいそうです。母校玉名高校の門扉が閉まっているのは初めて見ました。勉強、クラブ活動、入試など不安がいっぱいでしょう。でも、辛くて嫌なことばかりではないはずです。いいこともあります。工夫すればできることがたくさんあります。本当に必要だったんだろうか?なんとなくやってきたこともあります。大切なものを忘れてたり、気づかないこともありました。掃除をしてくれる人、ゴミを処理してくれる人。私たちの親の世話をしてくれる人、子供や障害のある人を見てくれる人。見えないところで守ってくれている人。食べるものを作ってくれる人。生きる喜びや安らぎ勇気をくれるスポーツ選手や芸術家などの様々な人たち… 看護師さん、介護士さん、保育士さんなどの待遇がとても大変なこと… リモートやオンラインもとても便利で、いろんなことを助けてくれるけど、本当に人と人との触れ合いが大切だということも改めて教えられます。これを機に新しい社会生活、人と関係が生まれるかもしれません。戦後75年前の夏でしたが、今になって初めて知らされることもありました。本当に酷い残酷な体験をした方は人に話せないんですね。もう直接語ってくれる人もいなくなります。戦争の悲惨さを僕達は次の世代にきちんと伝えられるでしょうか… 。沖縄戦、広島・長崎の原爆、多くの戦地、抑留、爆撃を受けた日本の街、民間人… 理不尽な辛い思いをして一生懸命生きてきた人たちを理解し支えられているでしょうか… いろんなことを考えさせてくれたこ2020年 この夏です。














🎸今年の僕の【こころ語り うた語り】〜こころのマスクはずして〜のコンサートの予定はこの3つです。新型コロナウィルスの状況次第ですが、感染予防の環境が良い場所ですので、7月11日同様、予定通り行えると思います。中止の場合は10日前までにホームページ、Facebookにてお知らせいたします。
⭕️滋賀県大津市「旧大津公会堂」すべて開場14時〜 開演14時30〜 終演予定16時30 入場料前売り一般3000円。当日3500円
● 9月26日(土)「いつもと違う夏を越え」
● 11月7日(土)「新たな年を歩き出す」 
● 12月5日(土)「こころに刻むこの一年」
🌲お問い合わせ及びご予約は、http://sekijima.info/contact まで
🎸今年の僕の【こころ語り うた語り】〜こころのマスクはずして〜のコンサートの予定はこの3つです。新型コロナウィルスの状況次第ですが、感染予防の環境が良い場所ですので、7月11日同様、予定通り行えると思います。中止の場合は10日前までにホームページ、Facebookにてお知らせいたします。
⭕️滋賀県大津市「旧大津公会堂」すべて開場14時〜 開演14時30〜 終演予定16時30 入場料前売り一般3000円。当日3500円
● 9月26日(土)「いつもと違う夏を越え」
● 11月7日 (土)「新たな年を歩き出す」 
● 12月5日 (土)「こころに刻むこの一年」
🌲お問い合わせ及び電話予約は、このメールアドレスかもしくは電話番号《風の森の歌人》090-3617-3989まで

2020年8月11日火曜日

【熊本地震から4年4ヶ月…】 〜豊肥線がつながったよ❗️〜

【熊本地震から4年4ヶ月…】 〜豊肥線がつながったよ❗️
8月8日、気の遠くなるような時を経て、多くの人の尽力と長きにわたる不便さを乗り越え、熊本と大分を結ぶ[豊肥本線]がようやく1本につながりました!コロナ禍で開催が危ぶまれましたが、こんな時だから、嬉しい希望のあることだから何とかやりましょう!と言う英断で、野外でもあり、みんなそれぞれ感染を予防しながら多くの地元の人が豊後竹田駅の前の広場に集まり、開通を喜びました。30度を軽く超える炎天下にもかかわらず、子供さんから年配の方まで久しぶりにたくさんの笑顔があふれました❣️
コロナ感染の収束が一向に見えず、いやがうえにも望郷の気持ちが湧き上がり、故郷との絆が強くなるお盆の時期に、『帰らんちゃよか?』『帰ったっちゃよかろう?』『帰られんとね?』『帰らん方がよか?』と心が揺れ動き、気持ちがギスギスしている中、高校野球と共に久しぶりに心が躍る1日でした。竹田の皆さんお世話になりました。どうもありがとうございました。途中熊本の阿蘇駅にも立ち寄りました。熊本の方でもお祝いのイベントがありました。一方くまがわ鉄道や肥薩線、久大線もまだ分断されたままです。7月の大水害の被災地からの復旧も大変な時間がかかります。今回の喜びのニュースとともに復興への支援も続けていきましょう!










⭕️緊急のお知らせ‼️
8月23日熊本県玉名市〈高瀬蔵〉で予定しておりました[クラフトと関島秀樹夏休み共同演奏会]〜さよなら夏のコンサート〜 は、新型コロナウィルス感染が未だ収束の兆しが見えませんので、皆様の健康を第一に考え【中止】とさせていただきます。楽しみにされていた方には誠に申し訳ございませんが、今の現状をご理解いただきたいと思います。前売り券を購入の方には返金をさせていただきます。またいつの日にか再会できる日を楽しみにお待ち下さい。